白髪染めといえばやはり永久染毛剤

年齢を重ねるに従い、いよいよ白髪染めが必要になったか・・・と感じるほどに、白髪が多くなっていきます。

関連:イチオシ白髪染めアーカイブ

少ないうちはヘアカラーでいいのですが、やはり本数が多くなってくると、ヘアカラーでは良く染まらなくなってしまいます。

年齢が上がるほど白髪も多くなって、美容院へ行く回数も多くなりますしお金もかかります。

市販されている商品だとだんだん髪の毛が痛んでくるし・・と悩む方もいますが、種類を知って使いわけしていくと出来る限りダメージ少なく利用できるようになります。

代表的なものといえば永久染毛剤です。

以前は1液と2液を混ぜて利用するものが多かったのですが、最近はこの手間がないものもあります。

ムースタイプのものやクリーム状のものなどがあり、色々使い分けができます。

ムースタイプでも1液と2液を混ぜて利用する場合、液が余っても捨てなければなりませんが、そのままムースが出てくるタイプのものは、次回に利用できますので経済的と言えます。

この永久染毛剤の場合、薬品を利用して毛髪のキューティクルをはがし、髪の毛の内側に存在するメラニン色素を分解し、染料を内部に浸透させるという方法なので、頭皮や毛髪への刺激が大きく、頭皮が弱い人はトラブルを起こす場合もあるので、パッチテストが欠かせません。

ただ一番染める力も強く、もちもいいので、自宅で白髪染めを行う方は、ほとんどがこのタイプを利用されているのではないでしょうか。

最近はトリートメント力が強いものが多いので、ダメージを最小に抑える事が出来るタイプも多くなっています。